手汗を止める解決はあります

嫌な手汗とはサヨナラしましょう

 

実は手汗に悩んでいる女性は結構います。その深刻さを測るのにレベルのような目安があり、全部の人を合計すると人口の約2%と言われています。少ないと感じる方もいるかもしれませんが、日本の人口は総務省の統計によると1億2685万人(平成27年9月1日の時点)なので、悩んでいる人はなんと253万人もいることになります。
何が言いたいのかというと、手汗を止めたいと思っている人はあなたの他にもたくさんいるので、恥ずかしがらずにちゃんと対策をしていきましょう、というわけです。当サイトではその具体的な方法を提案しています。どの方法もいいところ悪いところがあるので、あなたがいいと思ったものをやってみてください。


手汗対策の方法一覧

方法
お金にかかる治療 ボトックス注射、手術、ドライオニック
商品代金のかかる対策グッズ 制汗剤、パウダー、ジェル
ほぼ無料でできる方法 ツボ押し、ミョウバン、塩化アルミニウム
体内から変えていく方法 漢方薬、食事
心理的な要因を取り除く方法 メンタルトレーニング、DVD

「手汗を治す・手汗を止める」あなたはどちらを選択する?

手汗対策といっても方法は上にあげたようにいろいろあるのでどうすればいいのかを迷ってしまいますね。そんな時には「止めたいのか・完治させたいのか」を選ぶといいです。その前にそれぞれどいうことなのかを説明します。

 

 

手汗を治すとはどいうこと?

手に限らず汗というものは、突き詰めていくと自立神経に行きます。ストレス、食事、性格、緊張…いろいろな原因が挙げられるのですが、根本的なものは自立神経です。これがうまくいけば異常とも言えるような手汗をかかずに済みます。だったらクリームやら制汗剤などを使わずにこれを何とかしたほうがいいですよね。そうです。正解です。でも、自律神経を正常な状態にするのってかなり難しいし、期間がかかるものなのです。自律神経失調症なんて病気があるくらいです。詳しくは検索してみてもらえばわかりますが、体の様々な異常に関係してきます。また治療にも時間がかかるので、長いお付き合いが必要です。

手汗を止めるとはどういうこと?

手汗がひどいという方は、自律神経を正常にすればいいのです。でも、そんなに時間もかけられないし、すぐになんとかしたいという声は非常に多いです。諦めるわけではありませんが、治すのではなく止める方に目を向けてみることもひとつの対策です。つまりこういうことです。

手汗が出て欲しくない時に出ない=手汗での悩みがほぼ解消される

これが止めるという考え方です。治っているわけではないですが、「こういう場面で汗をかきたくないなという時さえ出てなければあとはまあいいか」という考え方です。もし、あなたが時間をかけて大変な自律神経の正常化ではなく、止める方でもいいかとも思えるなら当サイトはお役に立てるかもしれません。

手汗を止めるオススメの方法は?

治すのではなく、止めるを選択したあなたが気になっているとは二つあると思います。費用と効果です。
完全に悩みが解消されるわけではないので、継続的に対策をしていかなければいけません。そのためになるべく費用を抑えたいですよね。でもお金がかからないからといって効果なしでは意味がありません。コストパフォーマンスなんでありがちな言葉になってしまいますが、これを見極めるのが大切です。くわしくは「コストパフォーマンスで選ぶと手汗対策はこれがおすすめ」にまとめますが、結論は対策グッズが一番です。

手汗対策グッズランキング

farine(ファリネ)

farine(ファリネ)の特徴

 
アスクレピオス製薬株式会社のパウダータイプの手汗対策商品です。パウダータイプですので、即効性に優れています。大体ゴルフボールくらいのおおきさですので、携帯性にも優れ、持ち運んで外出先でも使えるようになっています。特殊ナノイオン微粒子が肌に広がり少量のパウダーでもて全体をカバーできます.市販の制汗剤などで起こる肌荒れなどのトラブルが起きないように無添加で害のない成分のみを使った製品です。

価格 2667円
評価 評価5
備考 日本製
farine(ファリネ)の総評

ファリネの最大のウリはパウダーによる即効性です。困ったときに便りに相棒といった感じです。携帯できる大きさとデザインでいつでも鞄に忍ばせておいて、さっとポンポンとパッティングすることができます。もちろん変な匂いもしませんし、敏感肌でも使える医薬部外品です。

フレナーラ

フレナーラの特徴


株式会社レオナビューティーのジェルクリームタイプの手汗対策商品です。即効性、安全性、持続性をバランスよく兼ね備えた製品です。ジェルタイプですが、天然植物エキスなので使用後もベタつきません。なので、夜などにあらかじめ塗っておくことも、ピンチの時に塗っておくこともできます。こちらの無添加で安心して使える製品です。

価格 5100円
評価 評価4.5
備考 日本製
フレナーラの総評

持続性と即効性をバランスよく備えているのがフレナーラです。ハンドクリームのようなデザインで異性の目の前で使っても何も思われない商品です。エクリン線に有効成分が浸透するようになっているので数時間で効果が…、ということにならないことがこのグッズの売りです。

デトランスα

デトランスαの特徴

 
YOUUP INTERNATIONALが輸入している手汗対策ローションです。ほかの二つと違い海外製品ですので、かなり効果が強めです。夜に塗っておき手汗のでない状態をキープするというものなので、持続性はこれが一番です。その時その時に対応するタイプではなので、小さめな容器ですが、携帯してもあまり意味ないところが難点です。

価格 2900円
評価 評価3
備考 デンマーク製
デトランスαの総評

デンマークで作られたものなので、効果は高いです。夜に塗るタイプなので、こまめに使いたい方はほかの製品を選んだほうがいいと思います。安全性を歌う製品ではイマイチ効果が感じられない、毎回のように持ち歩いて使うのが面倒と思う方にはデトランスαがオススメです。初めての方は2900円と安く買え、定期コースの割引はありませんが、もともとが安いので手汗対策グッズの中では買いやすいものとなっています。

汗っかきの人もいれば、あまり汗をかかない人もいます。これはかなり個人差もありますが、代謝も大きく関係しています。代謝がパ活発な人は汗をかきやすくなりますし、代謝が低下しており冷え性の人はあまり汗をかきません。手汗を止めるにはどうすれはいいのと悩んでいる人も多いと思います。しかしこれとは全く異なる、大量に汗をかく人もいますがこれは、多汗症という病気の一種です。多汗症の人は交感神経が過敏になっているため、通常よりも大量の汗をかきます。汗をかくのは、暑いときに発汗させ体温を下げる目的の他には、緊張したときに手や背中に汗をかく事もあります。冷や汗というのもあるように、緊張を通り越し恐怖を感じた時にかく汗もあります。多汗症の人は緊張すると、びっくりするくらい大量の汗をかきます。緊張した時に手に汗握るという表現を使いますが、汗が滴り落ちるくらいの量となるので、手をつなぐ事も握手をする事もできません。手汗を止めることができないのでいろいろ困っている人は多くいます。多汗症だと知っていても、汗が滴り落ちる手の人とは手をつないだり握手は少し抵抗があります。多汗症の人は尋常ではない量の汗をかくので、それが大きな悩みとなってしまいます。多汗症は治療をする事もできますが、どの方法が効くかは個人差も大きいと言われています。一般的には薬物療法や手術となっていますが、中には薬にも手術にも頼らず多汗症を克服する方法というDVDもあります。自分に合う方法を見つけるのは大変ですが、ボトックス注射という選択肢もあります。ボトックス注射には持続性もありますし、即効性があるので効果は期待できるでしょう。